自宅教室を始めるメリット・デメリットってなんですか?前編 | アトリエKako

自宅教室を始めるメリット・デメリットってなんですか?

グラスアート

グラスアート教室のアトリエKakoです。

先日は主に女性起業家の方が多く集まる勉強会を

開催いたしました。

終了後、参加者さんに

「自宅教室を始めるメリット・デメリットってなんですか?」

「自宅教室で一番困った事はなんですか?」

そんなご質問を頂きました。

 

私自身は、教室開講8年目。

現在は、自宅教室と外部の定期教室で

合計10教室になります。

最初は自宅教室のみからのスタート。

メリットはもちろん。

・会場費がいらない

・交通費がいらない

・通勤時間がゼロ

・忘れ物の心配がない

・初期投資がいらない

・子供が病気で休んでいても仕事が出来る

そんな感じでしょうか。

デメリットは

・とにかく綺麗に掃除をしないとダメ

なんですが、

綺麗にするきっかけになってむしろメリットかも。

 

それより、私的に一番のデメリットは

「気持ちのメリハリがつかない」

でした。

 

実は、これにはかなり悩まされまして

特に、レッスンが終わってから、

気持ちが切り替わらない。

片づけるでもなく

事務仕事をするでもなく…

 

そこで、車は外に止めに行き、

仕事場(=自宅教室)から家に帰るという気持ちで

家に入っていた事も(笑)

そしてもう一つは、

時間があるとつい仕事をしてしまう事。

仕事たくさんしていいじゃない♪

と思うかもですが、これは×。

 

テレビを見ながら家族で笑ったり

何もしない時間を

もったいなく感じてしまう可能性があるからです。

 

好きな仕事であるからこそ

いくらでも先の仕事の準備が出来てしまうからこそ

 

メリハリをつける事が大切ですね。

私は現在

工房と事務所を別に借りていますので

自宅での制作や仕事はしませんが、

そうでない方は、

「仕事終わり!!」としてしまう事です♪

私の理想の母親像は

「火曜サスペンスを見ながらアイロンがけをしているお母さん」
今は火曜サスペンスってないのかな?

要は、家族にお母さん!って呼ばれた時、

忙しくないお母さんなのです(火曜サスペンスごめんw)

 

仕事は仕事。

家は家。と分けて過ごす。

自宅サロンで気を付けたい事です。

おかげで、仕事の時間が終わると

母親業と、自分の事だけに時間を楽しく使えます。

家族もご機嫌ですね。

 

自宅サロンのデメリット!というと言い過ぎですが、

気を付けたい事ですね。

好きな仕事だからなおさらです。

 

 

お仕事もご機嫌でしたいからね。

私の教室アトリエKakoで

資格を取って頂くメリットの一つとして

「欲しい成果と幸せが共にある先生」

への実現のお手伝いが出来る事。

 

・グラスアート教室

・ガラスフュージング教室

・シルエットアート教室(2018.1月開講予定)

先生を仕事にしたい方はご相談下さい。

短期取得(半年)も可能です。

*サロンオーナーへの道

次回は、「開講して最初にした覚悟について」

新登場のガラスフュージングで楽しさの新発見!

この秋、新登場のメニュー「ガラスフュージング」でグラスアートとは一味違う楽しさを体験してみませんか?

体験してみる
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧