定年退職後、趣味で初めたグラスアートが仕事、人間関係の視野を広げてくれました。 | アトリエKako|三重県のガラス工芸・グラスアート

【生徒様インタビュー】定年退職後、趣味で始めたグラスアートが仕事そして人間関係の視野を広げてくれました。

お教室コラム, アトリエKakoレッスン, グラスアートレッスン, 生徒様インタビュー

生徒様インタビューNo.2

定年退職後の趣味で始めたグラスアートが仕事そして人間関係の視野を広げてくれました。

亀山市 落合弥生さん

 

まずは、

私の教室にお越し頂いたきっかけを教えてください。

ー亀山市の広報の表紙に

先生が載っていたのを見たのがきっかけです。

ステンドグラスをやりたいなと思ってずっと探していたのですが、

その時に、初めて「グラスアート」というのを知りました。

それで、すぐにお電話しました。

当時、目を留めて頂いた広報

そうでしたね。ずっとステンドグラスの教室を探してみえたとの事ですが、

「ステンドグラス」ではなかったのは大丈夫でしたか?

ー大丈夫でした。

ステンドグラスの雰囲気が好きで、

それが自分で手軽に作れるに越した事はないので

グラスアートで良かったです。

落合さんの作品

長く通って頂いていますが、もう何年に

なられますか?

ー60歳で定年になって、教室に通い始めたので

7年になります。

52歳ぐらいから、やりたいなと思っていたんですよ。

 

確か、最初から迷いなく

カリキュラムコースをご希望頂きましたが

そのおつもりでしたか?

ー簡単なものから順番に学べると説明してもらって

あ、手順を覚えた方がいいな、と思ったので。

好きなものを作るのも自由でいいですが

決まりに則って教えてもらった方が、やっぱり綺麗にできるかなと。

資格にはこだわってなかったんですけどね。

 

そうですか。

当初、資格には拘られてはなかったとの事ですが、

結果として資格が取れて、

今、グラスアートを教えたり、展示をされたりされていますが

それは、良きせぬ成功みたいな感じですか?

一年に一度、開催されている二人展

ー本当そうですね。

まさか、人に教えるなんて当時は想像もしませんでした。

どちらかというと、教えるのも苦手ですしね(笑)

でも、窓にしたグラスアートがきっかけで

教えて欲しい。という輪が広がって

今、そんな事もさせてもらっています。

 

楽しいですか?

ーはい。和気藹々と好きなものを作って頂いていて

類は類を呼ぶといった感じで皆さん楽しくて

いい感じです。

 

いいですね♪今後はいかがですか?

ー今後は自分の家の窓ガラスにグラスアート施工を

やりたいです。

自分の部屋から順番にやっていけたらなと思います。

落合さん宅の窓ガラスを仲間達と施工

教室ではとても皆さんと仲良くされていて

楽しい雰囲気を作って頂いていますが、その辺りはいかがでしたか?

ーいえいえ、本当はとても口下手で、人見知りなんです。

会社生活だったので会社の友人はいるんですが、

会社だけの生活から、こういう世界に入ったのは自分にはとてもプラスになりました。

すごくいろんな考え方の人がいる、自立した人がいる、

自分の考えで行動する人達に刺激を受けて、人間関係の視野が広がりました。

そうですね、レッスンで制作しながら

仕事や家庭の話をしたり、

個人事業主の方も多いですしね。

ーはい。

先生や先生の周りの方の、

自分の意見を言う。

自分が動けば動くほどできる。と言う感じに凄いなぁと

最初は思いましたね。

会社の中で決まりに則って動いていた私としては

その後の人生の楽しみ方が大きく変わりましたね。

3年ほど前のレッスン時の様子 落合さん中央

嬉しいですね。

それでは、最後に、

今後作りたいものはありますか?

ー景色が好きなので、雄大な景色とか作りたいですね。

大きな作品とか是非、作って下さい!

ーはい。ずっと勉強だと思っています。

二人展で人気だった作品!とのこと。

ありがとうございました。

作品もバリバリ作られ、

展示会やお教室も

ご自分の心地よいスタイルで楽しんでいらっしゃいます。

そして、ご家庭の事、お孫さんのお世話

第二の人生で始められたエステサロン。

落合さんと話すと、明るい気持ちになります!と

同じ日に予約をしたいと言う人も多い。

 

グラスアートを通じて出来ること。

グラスアートをつくる事、作品の完成を楽しむ。

そして、そこから派生する部分は人それぞれで。

そこにあるストーリーに触れる事が出来るのも

教室の楽しみです。

グラスアート教室を通じて

人生が豊かになるといいなと思っています。

定年退職後の趣味で始めたグラスアートが
仕事そして人間関係の視野を広げてくれました。
亀山市 落合弥生さん

生徒様インタビューでした。

 

文:アトリエKako 竹島愛佳

 

 

あなただけのフォトフレーム作り体験を。

一生懸命気持ちを込めて作ったフォトフレームにあなたはどんな思い出を飾りますか?
世界に一つしかないフォトフレームに世界に一つだけの大切な思い出を。

フォトフレームを作る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧