インテリアに合うグラスアート。色を選ぶという事。 | アトリエKako

インテリアに合うグラスアート。色を選ぶという事。

グラスアート

インテリアに映える飾り盾

グラスアートの材料である鉛のリード線

そして、

紫外線があたっても日焼けしにくいフィルムは

建築資材なので、インテリアには最適です。

 

カリキュラム11

インテリアへのグラスアート

ちょっとレトロに

色の出方は、フィルムサンプルを参考に

経験と、想像と、計算と。

そして感性と。

 

フィルムの二枚重ねで混色を施します。

自分のコンセプトに近づける。

映し出される影も楽しい

こうきたか!といつも思わせてくれるM様。

松阪市在住。

今回も素敵に完成しました。

 

こちらは、津市 Y様

フリーレッスンにてインテリア作品を。

二作目の作品

今回、カラフルな色にしたのには理由があるとの事。

普段は、モノトーンのお洋服が多く

お子様も男のお子様で、お家の中も落ち着いたお色が多いとの事。

こんな色を使ったらどうだろう

こんな色の服は着ないんです。

と、仰ってみえました。

 

グラスアートで使う色は自由。

正解はその時色を選ぶ自分のみが知っていて

自分で選んだ色がベストだと思います。

 

例えば、

青い壁に飾り、

落ち着いた雰囲気になるようにするには

どれを選んだらいいですか?

この質問には答えられますが、

今のあなたの心が求めている色を選ぶ場合は

こうして自信を持って選んで頂くといい。

 

完成した作品を見て、

とっても晴れやかな、開放された気分だと

言ってみえました。

きっと、何度でも眺めたくなる。

そんな作品になりました。

 

生徒さんから、教えてもらう事って多い。

色を選ぶって、選んだ色って深いんだな。

 

コンセプトを決めて、レトロに近づける。

心を反映させる。

そんなレッスンとなりました。

 

本日は、津市一身田教室でした。

 

新登場のガラスフュージングで楽しさの新発見!

この秋、新登場のメニュー「ガラスフュージング」でグラスアートとは一味違う楽しさを体験してみませんか?

体験してみる
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧