ステンドグラス作りに必要な道具は?道具リストと注意点を解説 | アトリエKako|三重県のガラス工芸・グラスアート

ステンドグラス作りに必要な道具は?道具リストと注意点を解説

お教室コラム

ステンドグラスを手作りする場合、多くの道具が必要です。

どれも作成に欠かせない上、入手が難しいものもあります。

ここではステンドグラスを手作りするために必要な道具を解説します。

ステンドグラスに必要な道具

ステンドグラスを作るためにはたくさんの道具が必要です。

しかし初心者でステンドグラス作りを始める場合、全ていきなり揃えるのはハードルが高いもの。できるだけ最小限で必要な道具を紹介します。

  • 作業台(厚さ2cm以上)
  • ハンダゴテ(ステンドグラス用)
  • ハンダゴテ台
  • カッパーテープ
  • ハンダ
  • フラックス
  • ガラスカッター
  • プライヤー
  • ハケ
  • ガラス
  • 軍手
  • ハサミ
  • その他必要な小道具

本格的なステンドグラス作成には他にもあった方がよい道具があります。

ステンドグラスに必要な道具は高額かつ専門店で購入するものが多い

ステンドグラスの道具は最小限で済ませようとしても、2万円から数万円はかかります。

特殊な工具が多く、ステンドグラスの専門店でしか購入できないものも多いです。たとえば、ハンダゴテはステンドグラス用のものが必要で、ホームセンターでも購入できません。

ガラスもどのように調達するのかにもよりますが、数万円からのお金が必要になることも多いです。

作業の中には危険な作業もあり、扱い方を間違えるとケガにつながります

そのため、ステンドグラスの道具を揃えるのは非常にハードルが高いです。

グラスアートなら道具も簡単!

和風のグラスアート

「ステンドグラスの道具は揃えるのが難しい」
「ステンドグラスは難しそうで挫折しないか不安」

そのような場合は、グラスアートを検討してみてはいかがでしょうか。

グラスアートは、ガラスに鉛線と特殊なフィルムを貼って作成するアート作品です。ガラスのカットやハンダゴテでの作業がないため、安全かつスピーディに作品作成に取り組めます。

見た目もステンドグラスと遜色ない美しい作品作成が可能です。

グラスアート専用で必要なものも少なく、価格も安いため、はじめてやってみる人でも挑戦しやすいでしょう。

アトリエKakoでは2時間の体験レッスンから、グラスアートを始められます。ぜひ一度体験してみてください。

あなたの新しい時間の過ごし方のご提案。
3,000円から気軽にグラスアート・ガラスフュージングの世界を。

気軽な時間と金額でまずはグラスアート・ガラスフュージングの世界を体験してみませんか?
お一人様で、お友達と、パートナーとどんなシチュエーションでも必ず楽しんでいただける体験です。

体験教室を申し込む
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧